緊急避妊薬であるアフターピルにはヤッペ法とLNG法の2種類あります。アフターピルは通常のピルより薬剤が強いため副副作用も重く出ることがありますので、服用前に必ず確認してから服用してください。

女性と黄色のカプセル
  • ホーム
  • 堕胎をすることになるよりもアフターピルを

堕胎をすることになるよりもアフターピルを

赤いカプセルと瓶

妊娠を望んでいないにもかかわらず、妊娠をしてしまった場合多くは堕胎をすることになります
妊娠をしてしまえば出産をするか堕ろすかのどちらかしかなく、出産をする場合には大きな覚悟が必要となりますから多くの場合には堕胎を選択することになってしまうのです。
出産というのも大きな覚悟が必要となりますが、堕胎をするのも同じことであり人の命にかかわることであるだけに簡単に決めることが出来るものでは有りません。
そのため、望んでいない状態での妊娠というのはどのような結果になるにしても大きな代償を払うことになりますが、そのような事態にならないためにも避妊を徹底することは大切です。
しかし、避妊を徹底していても時に失敗をしてしまうということはありますから、失敗をしたと思った時にはすぐにアフターピルを使用するようにしましょう。
アフターピルは避妊に失敗した後72時間以内に服用をすれば、高い確率で妊娠を防ぐことが出来る薬です。
もちろん、避妊に失敗したからといって必ず妊娠をするというわけでは有りませんし、どちらかというと妊娠をしない可能性のほうが高いのでアフターピルを使っても使わなくても妊娠をしないということはあります。
だからといって妊娠をしないことに賭けるというのは、妊娠をしてはいけない状況であれば分の悪すぎる賭けであり妊娠をしないことを祈るというのは懸命な選択と言えません。
早い段階でアフターピルを使っておけば、高い確率で妊娠を防ぐことが出来るわけですから危険な賭けに手を出すよりも安全性の高い方法を選ぶことが大切です。
ただし、安全性が高いというのは妊娠の可能性についての話ですから、人体の負担を考えるとアフターピルを使うような事態にならないことをまず心がけることが重要で、その上で避妊に失敗してしまったら迷わずアフターピルを使うようにしましょう。

関連記事
  • 薬を飲む女の人
    アフターピルで防げないことは アフターピルの効果は妊娠回避率80%と非常に高く、性行為から24時間以内に服用した場合にはなんと95... 2018年10月17日
  • 若くて可愛い女性
    アフターピルの作用 最近は避妊方法も多様化しています。 以前の日本の社会では、男性が主導で行うようなコンドームの着用が一... 2018年09月30日
  • 可愛い女の人
    アフターピルの中毒域と糖尿病の人は注意 アフターピルは、モーニングアフターピルや緊急避妊ピルという名称でも呼ばれており、望まない妊娠を避ける... 2018年11月07日
サイト内検索