緊急避妊薬であるアフターピルにはヤッペ法とLNG法の2種類あります。アフターピルは通常のピルより薬剤が強いため副副作用も重く出ることがありますので、服用前に必ず確認してから服用してください。

女性と黄色のカプセル

アフターピルの作用

若くて可愛い女性

最近は避妊方法も多様化しています。
以前の日本の社会では、男性が主導で行うようなコンドームの着用が一般的でした。
しかし、今は女性が自分の身を守ることができるようになっており、経口避妊薬を服用することで、かなり成功率の高い避妊を実践することができるようになっているのです。
通常、経口避妊薬としては、低用量ピルを服用することが多いのですが、これはホルモン剤を毎日服用することでホルモンバランスを整えて、生理周期を28日間にすることができるものなのです。
これは生理痛や排卵痛がひどい人にも改善の効果があります。
また、排卵を抑制する働きがあるので、卵子と精子が受精することもないので、妊娠を防ぐことができるのです。
それに加えて、アフターピルというものが最近はメジャーになっていて、性交渉のあとに妊娠をしてしまっている可能性がある人には最適な避妊薬があるのです。
これは、中用量のホルモン剤の入った錠剤なので、受精卵が体内にできてしまったとしても着床する予定の子宮内につかないように作用してくれるのです。
ですから、受精卵が着床できないので、妊娠をしないという仕組みになるのです。
アフターピルは使い方に注意する必要があります。
気分が悪くなるなどの副作用もあるのですが、それ以外にも時間的な制限があります。
性交渉をしてから、72時間以内という制限があって、早ければ早いほうが効果が高いので、すみやかに医療機関にかかって、処方してもらうようにするといいでしょう。
アフターピルは低用量ピルに比べて成功率が高くないので、時間的なものでも守れるように素早く対応できるようにするといいでしょう。
まずは知識を持って対応することが大切なのです。

関連記事
サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ