緊急避妊薬であるアフターピルにはヤッペ法とLNG法の2種類あります。アフターピルは通常のピルより薬剤が強いため副副作用も重く出ることがありますので、服用前に必ず確認してから服用してください。

女性と黄色のカプセル
  • ホーム
  • アフターピルの中毒域と糖尿病の人は注意

アフターピルの中毒域と糖尿病の人は注意

可愛い女の人

アフターピルは、モーニングアフターピルや緊急避妊ピルという名称でも呼ばれており、望まない妊娠を避けるために使われている薬です。
通常、妊娠を望んでいない場合には、低用量ピルやコンドームなどを使って対処するものですが、コンドームが外れてしまったなどの不測の事態が起こった時には、性行為の後でアフターピルを服用すれば、妊娠を回避出来る可能性が高くなります。
アフターピルは婦人科や産婦人科で処方してもらえるもので、ドラッグストアなどでは売っていないので覚えておきましょう。
アフターピルは避妊に失敗した時から72時間以内に1回服用し、その服用後から12時間後にもう1回服用するのが使用方法になります。
アフターピルはなるべく早めにクリニックで相談して処方してもらい、説明を受けた通りに服用すれば避妊の成功率が高くなりますが、100%避妊出来るわけではないのであくまでも緊急の方法だと考えておきましょう。
また、服用する時は、たくさん飲めば効果が高くなるということは無く、薬を飲みすぎると中毒域に入ってしまって身体に有害となるので、医師の指示通りの量を守って服用することが大切です。
この薬は中毒域に達するほどの量を飲まなければ、副作用も一時的な症状で済む、予定外の出血や頭痛、吐き気などが起こるくらいなので、安心です。
さて、アフターピルは便利な薬ですが、糖尿病や高血圧、血栓症、心筋梗塞などの持病がある人は飲むことが出来ない薬となっています。
他にも、35歳以上で一日に15本以上タバコを吸うヘビースモーカーの人や、最近手術をしたか、手術をする予定がある人なども飲んではいけない薬となります。
アフターピルなどの医薬品は注意事項を守らずに服用すると身体にとって危険となってしまう場合もあるので、医師の説明をよく聞いて、決められた通りに飲むのがおすすめの方法と言えます。

関連記事
サイト内検索