緊急避妊薬であるアフターピルにはヤッペ法とLNG法の2種類あります。アフターピルは通常のピルより薬剤が強いため副副作用も重く出ることがありますので、服用前に必ず確認してから服用してください。

女性と黄色のカプセル
  • ホーム
  • アフターピルで防げないことは

アフターピルで防げないことは

薬を飲む女の人

アフターピルの効果は妊娠回避率80%と非常に高く、性行為から24時間以内に服用した場合にはなんと95%もの高い確率で妊娠を回避することができると言われています。
性行為後に服用できるということで、予想外の展開にも対処できる点で多くの人が利用しています。
しかし、それだけ高い効果を発揮するということは、副作用が出ることが多く、強いと言われています。
アフターピルを使用すると、体内のホルモン環境が月経前、または妊娠中に近い状態へと変化します。
その働きのおかげで効果を得られるわけですが、それと同時に副作用も起きるのです。
人によって副作用の差がありますが、それを防ぐのは難しいと言えます。
アフターピルの副作用として、多く見られるのは吐き気と嘔吐です。
アフターピルを服用した人の半数が吐き気をもよおし、実際に嘔吐してしまう人が2割以上にのぼります。
それ以外にも頭痛・めまい・整理前の時のようなイライラ・下腹部の痛み・出血・倦怠感・むくみなどがあります。
生理痛がひどくなったという人もいます。
むくみや吐き気を感じる場合は、吐き気止め・酔い止めなどを一緒に服用することができます。
大抵の場合、24時間程、副作用が続くと言われているので丸一日を副作用を感じながら過ごさなければいけません。
そのような場合に、酔い止めを一緒に服用すると症状が治まると言われています。
また、不妊症やその他の後遺症についての心配される方もいらっしゃいますが、アフターピルによって、不妊症後遺症が残る可能性全くありませんので、その点では安心して使用していただけることができます。
妊娠後に中絶を行ったりすることを考えるなら、麻酔のリスクも含め、身体的にも精神的にも負担は少なく、経済面でも助けになります。

関連記事
サイト内検索